らうちた

福岡市近郊ののランチを中心に食べ歩き

LamenUdonChanponTangtangmen

福岡市中央区

「村崎炊鳥研究所」福岡城で花見の後、旨い焼鳥と絶品炊鳥〜締めラーメン

村崎炊鶏研究所
村崎炊鳥研究所
福岡市中央区荒戸1-7-19
営業時間:17:00〜OS 23:00
定休日:不定休
炊鳥(たきどり)1200円

既に死語となりつつあるプレミアムフライデー、その金曜日の夜のこと数年ぶりに満開の夜桜のもと花見に参加
しかも福岡城内という街中に珍しく繰り出した。
この日は暖かく、花見=寒さとの戦いという今までの印象が薄れるほど。
殆どの参加者が初対面だったけど、業界の集まり色が濃かったんでかなり楽しめました。
福岡城を後にして飲みに出ようということになり、数件のお店を模索し足を向けたのは村崎炊鶏研究所
初めて行くお店でオーダーは主催者さんに全ておまかせ。
焼き鳥や一品料理をメガハイボールで流し込む
しばらくすると目の前にコンロが用意され、鉄鍋の中には千切りキャベツを布団のように横たわる蒸されたひな鳥が
これが炊鶏か〜と眺めていると、ちろりに入った鶏白湯スープが注ぎ込まれ、勢い良く水蒸気が立ち上る
水蒸気が収まると店員さんがひな鳥をハサミで食べやすいサイズにカットする
キャベツと一緒に鶏肉を頬張ると、柔らかくて旨味たっぷり、これは水炊きよりも好きだな〜
いや、水炊きも好きやけど
ガツガツと食べ終わると〆のラーメンが用意される
プリプリの麺と白湯スープが沁みわたる
また行きたいと思うお店が増えたのでした。
ごちそうさまでした。
しっかりお腹も満たされ一行は大名方面へ...
村崎炊鶏研究所2
村崎炊鶏研究所3
福岡城花見
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
↑↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

村崎炊鶏研究所鳥料理 / 大濠公園駅唐人町駅
夜総合点-

「笹うどん」リニューアルしてシャープな外観なれど、うどんの腰抜けっぷりは健在

笹うどん
笹うどん
福岡市中央区小笹3-10-1
営業時間:10:00~21:00(L.O.20:50)
定休日:水曜日
たまごとじうどん500円?ごぼう天トッピング?

場所は小笹30分後に平和で打合せとなれば、小笹飯店でとりみそを食べる余裕など無い。
となれば膳でラーメンを啜るかと思っていると、満車の笹うどんの駐車場から車が一台出るところ。
これは好都合とハンドルを切る。
同じ場所にえらくハイカラな外観へと建て替えられた笹うどん、すっきり明るくなった店内に戸惑う。
入ってすぐのカウンター席に陣取って「とじごぼう」と注文。
注文を取りに来たおばちゃんの反応が???
とじごぼうは葉隠うどんでしか通じないのか、たまごとじにごぼう天トッピングと言い直す。
やってきたうどんを見るとたまごとじの存在感が薄い
出汁にきっちり混ぜ込んだものと違い、固めにとじられた玉子を後乗せなのか?
初めは?と思ったけど、これはこれでいいね。
出汁が卵に侵されずきちんとスメを味わえる。
短冊状に切られたごぼうはパリッとした歯ごたえが心地良い。
茹で置きのこしぬけ博多うどんは提供も早いし、何より昔から身体に馴染んだ安定感
10分足らずで完食して余裕で待ち合わせ場所に向ったのでした。
あまりのドタバタ加減に価格すら見てなかった
ごちそうさまでした。

笹うどん3
笹うどん2
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
↑↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

笹うどん
福岡市中央区小笹3-10-1

笹うどんうどん / 桜坂駅六本松駅薬院大通駅
昼総合点-

「一膳めし青木堂」大名の胃袋を支える人気食堂のちゃんぽんとふわふわオムライス

青木堂 チャンポン
一膳めし青木堂
福岡市中央区大名1-11-28
営業時間:
[月~土] 8:30~21:00(L.O.20:30)
[祝] 11:00~17:00
定休日:日曜日
ちゃんぽん550円
ふわふわオムライス590円

青木堂も何年ぶりかな?
優に十年以上の間隔が空いていると思われるけど、何の違和感もなく小さなテーブル席へ。
ショーケースからおかずを取って定食を作るか、本日のおすすめのカツ煮定食にするかと迷ったけど
やっぱ麺に目が行ってしまってチャンポンをオーダー
このチャンポンが550円ってさすが青木堂
バイト君はふわふわオムライスの大盛り
「うめー!」って言いながら食べてた。
野菜がクタッとなるまで煮込まれたチャンポンは麺も超やわらか仕上げ
ちくわが入っているあたり正しい定食屋のチャンポンて感じ。
引っ切り無しに入ってくるお客さんに、ホールのおばちゃんのテンションも結構高め
ようけ喋ってた。w
懐かしくも賑やかしいランチタイムとなりました。
ごちそうさまでした。
青木堂 ふわふわオムライス
青木堂 チャンポン2
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
↑↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

一膳めし青木堂
福岡市中央区大名1-11-28

一膳めし 青木堂定食・食堂 / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)天神駅
昼総合点-

「桜坂珈琲」小箱喫茶店でいただけるポークビンダルーがシンプルでうまい!

桜坂珈琲 ポークビンダルー
桜坂珈琲
福岡市中央区桜坂3丁目10-3平田ビル102
営業時間:12:00~23:50 金曜日のみ14:00~23:50
定休日:火曜日
ポークビンダルー800円 アフターコーヒー300円

2017年4月9日、桜坂の古いアパートメントにオーナー自ら手を加えオープン
独自の理論で香りを閉じ込めた浅煎りのアロマコーヒーを提供する小箱の喫茶店「桜坂珈琲」
そこの裏メニューにスパイシーなカレーがあるというじゃないですか。
という事で雨の桜坂へ行ってきた。
趣のあるファサードを奥に進むとカウンター4席、テーブル1卓の小さいながらもキレイで洒落た空間が現れる
「カレーできますか?」と伺うと、「グリーンカレー」と「インドのポークカレー」と「ハヤシライス」が出来るという。
インドのポークカレーと言えば南インドの「ポークビンダルー」でしょう。
なんでもお知り合いにヨガの人がおられ、その関係で南インドのカレーを提供するようになったらしい。
やって来たカレーはパパダムが付いた本格志向
ゴロゴロと入った豚肉に爽やかなスパイスの香り
パパダムをバリバリ砕いてライスにまぶし、ドバーっとカレーをかけて混ぜるべし
これはうまい....
過度な脂や塩や旨味ではなく、若干の酸味とポークの旨味を引き出すスパイス使い
シンプルイズベストなポークビンダルーを堪能した。
食後の珈琲は中煎りで
お店が推奨する独自焙煎の浅煎りアロマコーヒーにも興味があったけど、そちらはまた別の機会にゆっくりと
中煎りとはいえなかなかのどっしり感、美味いカレーの後にぴったりでした。
次回はアサリと昆布の旨味が効いた具沢山和風グリーンカレーだな。
お洒落な店主の話も楽しいし、通ってしまいそう....
夜は間借ししてあって、お酒を楽しめるそうです。
ごちそうさまでした。
桜坂珈琲 カレー
桜坂珈琲3
桜坂珈琲
桜坂珈琲2
桜坂珈琲5
桜坂珈琲6
桜坂珈琲4
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
↑↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

桜坂珈琲
福岡市中央区桜坂3丁目10-3平田ビル102

「御食事処 大門」上人橋通りの老舗食堂はワンコインでチャンポンをいただける!

御食事処 大門2
御食事処 大門
福岡市中央区警固1丁目4−25
営業時間:11:30~20:30
定休日:日曜
チャンポン(大盛り)650円 普通サイズは450円

珍しく街中でのランチタイム
上人橋通りを散歩がてらお店を見て回る。
チャクラ、古4季、マイティガル、タナてつ、JOY TRIP CAFEなどなど行きたいお店はたくさんある
しかし入ったお店は「御食事処 大門」、その外観に一瞬にして気持ちを鷲掴みにされてしまった。
店に入ると左手にカウンター、ストーブを挟んで右手に小上がりのテーブル席
カウンターは3人の女性がお食事中だったんで、テーブル席でチャンポン大盛りを注文
普通サイズのチャンポンはなんと450円、このお値段では量的に心もとなかったんで大盛りを頼んでみた
やってきたチャンポンはやはり大盛りで正解、高齢の常連さんが多いみたいなんで最初から少な目のチャンポンを安く提供してるんでしょうね。
豚骨青湯にラード系のスープかな?
あっさりとしたスープは少し胡椒が効いている。
豚肉にイカにかまぼこ、野菜は人参、ネギ、もやし、キャベツになんと白菜が入ってる。
この白菜が美味しかった、チャンポンに白菜をデフォにして欲しいくらいはまる
やけどしそうなほど熱々のスープがいいね~
スープに落ち込んだレンゲもご愛嬌
ほんと美味しいちゃんぽんでした。
昼から焼酎のお湯割り飲みながらテレビを見てるお姉さまが素敵過ぎる
雰囲気がいいんで何となくHDR調に加工して遊んでみたり。
ごちそうさまでした。
御食事処 大門
御食事処 大門3
御食事処 大門4
御食事処 大門5
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
↑↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

御食事処 大門
福岡市中央区警固1丁目4−25

「ビフテキ居酒屋うえすたん警固店」ランチタイムにサイコロステーキ6オンスをペロリ

ビフテキ居酒屋うえすたん警固店
ビフテキ居酒屋うえすたん警固店
福岡市中央区警固2-14-5
営業時間:
[月~土] 11:30~15:00 17:30~23:00(L.O.22:30)
[日・祝] 11:30~15:00 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:無休
サイコロステーキランチ6オンス 1160円

ランチタイムど真ん中、しかも警固というランチタイム大混雑地帯。
約束の時間は13:00、まずはコインパークを確保して空いている店を探す。
コンビニ弁当でもいいんだけど、それではバイト君のお腹が持ちそうにない。
目に入ったのは「うえすたん」昼間っから肉とか贅沢と思うけど、ラーメン屋でも同じくらいの値段になるのでまあいいかと...
サッとメニューを見て予算内に収まるのはサイコロステーキ6オンス、これでもちょっと予算オーバーだなと思っていると「ご飯大盛りで!」だと。w
1ポンドでも食べれそうだから仕方がない。
1オンスは23gちょいだから6オンスで140g、このくらいあっちゅう間よね。
スープとサラダを流し込み、肉を野菜もろともかき込む。
肉とごはん最高ですね。
最近はお酒のツマミにゆっくり肉を味わう程度なんで、久しぶりにこんなにガツガツ食べたような気がする。
警固のうえすたんとか何年ぶりだろ?
昔は飲みに行く前にここでステーキ食べたりしてたな~
ただ一点残念なことが
人参がまるごと一本じゃなくなったんですね。
ランチメニューだからかな?
カウンターの奥ではいい年のおっちゃんが2人、8オンスにライス大盛りでビール~ワインと愉しんでた。
羨ましすぎでしょう。
店に入ってから20分位でバタバタとお会計をしてなんとか予定に間に合った。
ごちそうさまでした。
ビフテキ居酒屋うえすたん警固店
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
↑↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

ビフテキ居酒屋うえすたん警固店
福岡市中央区警固2-14-5

「BOOTY CURRY in NADO(ブーティーカレー)」コクとキレのスパイシーカレーが期間限定でNADOにやって来た!

BOOTY CURRY in NADO(ブーティーカレー)
BOOTY CURRY in NADO(ブーティーカレー)
福岡市中央区高砂2-11-1
営業期間:2月6日〜3月13日
営業時間:
11:30~15:00(LO.14:30)
18:30~21:00(LO.20:30)
定休日:月曜日(3月12日は営業)
BOOTY CURRY 850円 スパイスベジタブル350円

BOOTY CURRYを食べられるチャンスがやって来た!
高砂のCURRY NADOの店主がインド渡航中の期間、BOOTYさんが期間限定で営業中です。
前回Afterglowでの出店の際は最終日一日前にやっと行けたけど、今回は余裕を持って早めに。
キーマカレーと迷ったんだけど、久しぶりに食べるならチキンカレーでしょうとライスMサイズ(250g)でお願いした。
L(300g)でも大丈夫だけど自重しまして。
ちなみにSS(160g),s(200g)も用意されています。
+50円で辛さ増しギャンブラーも出来るけど、BOOTY CURRYはしっかり辛いので通常の辛さで十分刺激的。
数種類用意されているトッピングはスパイスベジタブルをお願いしよう。
調理中から魅力的なスパイスの香りで嗅覚が刺激され、カレーが運ばれるとそのビジュアルにに食欲MAX状態。
スプーンを片手にガツガツとブーティーカレーをかき込む
10ヶ月ぶりにありついたブーティーカレーに、心の声は「辛っ!旨っ!」のリフレイン
深いコクと旨味にブーティーカレー中毒が止まらない
最終の13日までに絶対もう一回行くでしょう。
キーマカレーも美味そうだったしな〜
そして新たなお知らせが
2月20日よりラムキーマカレーがメニューに加わりました。
調理の都合上夜の提供のみということです。
クゥゥゥ〜〜、夜行けるかな〜
BOOTY CURRY in NADO(ブーティーカレー)
BOOTY CURRY in NADO(ブーティーカレー)
BOOTY CURRY in NADO(ブーティーカレー)
BOOTY CURRY in NADO(ブーティーカレー)
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
↑↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

BOOTY CURRY in NADO(ブーティーカレー)
福岡市中央区高砂2-11-1

「ラーメンSHOP 祭尾商店」ゆうのやの跡地は昔ながらの美味いラーメン屋だった

ラーメンSHOP 祭尾商店
ラーメンSHOP 祭尾商店(まつおしょうてん)
福岡市中央区荒戸1-4-21
営業時間:
[月〜金]
11:00~22:00
[土・日・祝]
11:30~22:00
定休日:火曜日
ランチセット(ラーメン+半チャーハン)750円

一昨年末に移転したうどん居酒屋「ゆうのや」の跡に居抜きで入ったとみられるラーメン店「祭尾商店」
道路を挟んだすぐ目の前に「一幸舎 慶史」斜め前には「らるきい」とランチ激戦区
この日ランチに許された時間は20分程、ラーメン一杯かき込むかと初めて祭尾商店へ
カウンターの中にはオーナーと思われる男性が一人、店奥の壁には湘南爆走族の絵
絶対チャーハンセット頼まないかん衝動にかられる
先ずはラーメンがやって来たので一啜り
今時の泡ぶくぶくではなく、昔の美味いラーメン屋の「濃いかね〜」って感じの美味いラーメンやん
店先の提灯に太く書かれた「豚骨」の二文字がよく似合う
そしてチャーハンがうまかった
むしろチャーハンだけでも食べに来たいくらい、彩りといい炒め具合といい、これも昔の美味いラーメン食堂で食べていたような味わい
もう少しゆっくり味わいたかったけど、写真もスマホでチャッチャと済ませる程度に時間がない。
近いうちまた行きたいと思えるラーメン店が見つかった。
屋号のラーメンSHOPは絶対湘南爆走族のシゲさんのお店「ラーメンSHOP じぇんとる麺」からよね。w
ラーメンSHOP 祭尾商店
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
↑↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

ラーメンSHOP 祭尾商店(まつおしょうてん)
福岡市中央区荒戸1-4-21

「インドカレー専門店 サプラ」六本松の人気カレー店でほうれん草海老カレーランチ

インドカレー専門店 サプラ
インドカレー専門店 サプラ
福岡市中央区谷1-15-27 プレス六本松 1F
営業時間:11:00~23:00
定休日:年中無休?
ランチBセット880円

人気のあったハヤシライス専門店「 はやし薫」のあった場所に2012年末にオープンしたサプラ
存在は知っていたんだけど、今回ひょんなご縁でランチタイムに行ってきた。
オーナーはネパール人のサントスさん
人の良さそうな笑顔で迎えてくれます。
メニューを見ると、とてもお得なセットがずらりと並ぶ。
ほうれん草ベースがあったんで、選べるカレーからほうれん草の海老カレーの辛口をライスでお願いした。
ランチセットのライスとナンはお代わり自由です。
選べるドリンクはホットチャイで。
ほうれん草のカレーはココナッツが効いていて優しい味わいなんだけど、4番目の辛さの辛口でも結構パンチが効いた辛さ
タオル持って行ってなかったんで、激辛は回避して正解だったな。
全て緑に染まってしまったんで、海老の色合いが出ずにルックスはイマイチだけど、味は海老の風味も加わり美味しいカレーでした。
これをライスとナン食べ放題とかやりますね〜
ぼくにはお代りしなくても十分なボリュームでした。
オニオンベースとトマトベースも食べに来なきゃ。
サントスさんは日本語が堪能なんで、食後に色んな話ができて面白かった。
長く付き合いたいですね。
インドカレー専門店 サプラ
インドカレー専門店 サプラ
インドカレー専門店 サプラ
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
↑↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

インドカレー専門店 サプラ
福岡市中央区谷1-15-27 プレス六本松 1F

「天ぷらうどん」唐人町で遅めのランチ、うどんとキムチで温まろう

天ぷらうどん
天ぷらうどん
福岡県福岡市中央区今川1-3-2
営業時間:11:00~翌1:30
定休日:お盆、年末年始、月曜
ごぼう天うどん450円

この寒さはさは何とかならんのかと愚痴をこぼしたくなる毎日
おまけに昼の段取りが悪く15時過ぎの昼食
だがしかし、唐人町の近辺ならばかえって好都合である。
思った通り天ぷらうどんの専用駐車場が空いている
ここ数回野菜天ばかりだったんで、ごぼ天うどんの食券を購入。
値段は同じ450円
キムチが目当てだったんでトッピングは何でも良かったんだけどね。
この時間でもカウンターの半分は埋まっているという安定の繁盛っぷり
キムチをチョイと一摘みしてうどんと一緒にすすり上げる
半分ほど食べ終えた頃にはしっかり体も温まり、額にじんわりと汗が滲む
目論見通り納得の昼食となりました。
薄切りの下茹でしていないと思われるごぼうに厚めにまとわりつく衣
噛み切ろうとすると衣からごぼうだけすり抜ける
他所でこれだったら??となるところだけど、天ぷらうどんのごぼ天は昔からこれやから逆に旨く感じてしまう妙
スープにしっかり漬け込んで、衣を柔らかくして食べるのがぼくのデフォです。
あ~うまかった
天ぷらうどん
天ぷらうどん
天ぷらうどん
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
↑↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

天ぷらうどん
福岡県福岡市中央区今川1-3-2
プロフィール

kazu

記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
らうちたのRSSアドレス
feedly等RSSリーダーへの登録はこちらのアドレス↓
http://lauchita.blog.jp/index.rdf
リンク
  • ライブドアブログ