1e123844e59f42bdb658535e08eb5c97
「昨今のゴテゴテしたハンバーガーはサンドイッチだ!」と言い切る店主が作るハンバーガーは流石の一言
80年代以前アメリカ西海岸辺りで食べられていた本物のハンバーガーを提供し続けるフリスコ
熟成した牛の赤身肉100%のパティを炭火の直火で焼いて、トマト・タマネギ・レタスと共に分厚いバンズで挟む。
塩コショウと素材の味のバランスだけでソース無しで十分うまい
写真では分かりづらいけどボリュームも凄い
話の中でちらっと三分の一ポンドと聞こえたので、パティだけで151グラムほどあるのかな?
単体で食べるとかなり辛味の強いタマネギが、ハンバーガーとなって肉と一緒に口へ運ぶと辛味がウソのように消えてしまう。
「それがバランスだよ~」って。
ポテトとジンジャエールのセットでしっかり夜までお腹が持ちました。
おしゃべりが好きな店主のキャラも濃い。
「よくこんな奥まった所に入ってきたね~」から始まり食事が終わるまで昔話やバーガーあれこれに花が咲く
一年前に日本にやってきたというイギリス人のお客さん、なかなか日本語が達者でスラングやカメラの話を愉しめた
あさだのカレー「kira☆kira」のずっと奥に佇むフリスコ、ハンバーガーが好きなら行くべきお店だな
afe4415e864d4b17bafdb81868144f52
f96cffb0eda8484b955ffe912b46ca49
9cfb31eb8a89437a9d90ec8fd4bebe88
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
↑↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

FRISCO(フリスコ) バーガー in 福岡
福岡県福岡市中央区舞鶴1-9-11 ハリウッドビル102号